費用を抑えた葬儀で、でも要望はかなえたい

葬儀費用を抑えたい、でも故人の遺志を尊重して、心のこもったお別れの場を設定したい。
家族葬は、そんな要望に対応できる葬儀の形式ですが、その自由度ゆえに省くべきでないことを省いて、親族から常識に欠けると言われるのではないかと不安になることもあります。

 

葬儀のしきたりや常識やマナー、地方の慣習・礼法を踏まえて、心のこもった葬儀をあげたい。
葬儀の費用を抑えて節約しながらも心に残る立派な満足できる葬儀をあげたい。
そんなときはやはり経験豊富な葬儀社に相談してアドバイスを受けることをお勧めします。
予算が決まっている場合はその金額の中で、何を削っていいのか、何を削ってはいけないのか、教えてもらうことができます。
葬儀のイメージがある場合は、そのイメージを実現するためには、どの程度予算が必要かもわかります。
落ち着いた葬儀にするのか?小規模でも祭壇が見栄えする葬儀にするのか?無宗教式で故人の思い出を語り合う葬儀にするのか?
親族間で打ち合わせてもなかなか結論がでるものではありません。
費用を抑えつつ、故人や親族の要望をかなえるために、葬儀のプロである葬儀社に相談してみましょう。

おすすめ記事ピックアップ!

  • img02

  • img01