はじめてだからこそ知っておきたい「家族葬って何?」

家族葬って、最近よく耳にすると思いますが、いったいどんな葬儀でしょう?
家族葬は、家族と親族、ごく親しい友人だけで行う小規模な葬儀のことです。一般の会葬者の参列はありません。
以前から家族・親族の身内で執り行う葬儀として密葬と呼ばれる形式があります。密葬の場合は、日を改めて別途、本葬やお別れ会が行われることがありますが、家族葬の場合は、家族葬のみで完結します。

 

近年、家族葬が増えてきたのはなぜでしょうか?
その要因としては、高齢化社会になり、故人が定年退職してから死亡までの期間が長くなったため、職場関係者の葬儀への参列が減ったことや現役時代の知り合いも高齢化のため参列できないことも増えており、訃報の通知先そのものが少なくなってきたため、結果として身内だけでごくシンプルに見送る形式になったと考えられます。

 

家族葬は、家族・親族とごく親しい友人だけで行う内輪の儀式です。通常の葬儀のように荘重な祭壇や定型の葬儀式次第にとらわれることなく、故人の考えを尊重した形式(例えば無宗教式で、故人の好きな音楽を流すなど)を取ることができますし、ごく親しい人たちが心を込めてお別れの挨拶ができるような形式を取ることも可能です。

 

家族葬では一般会葬者がないので、その気遣いに追われることがない反面、事前に周囲の理解を得ておかないと、参列していない故人の知り合いから「なぜ知らせてくれなかったのか?」等の苦情が来ることがあるので注意が必要です。

おすすめ記事ピックアップ!

  • img02

  • img01