成功談(3) 面倒くさがりでも大丈夫!

先月の土曜日のこと、会社の後輩から携帯に連絡が入った。
その日の未明に後輩の祖父が亡くなったとのこと。かなりの高齢で、100歳超えてるけど、本当の満年齢がわからない。ってそんなことあるのかな?
後輩の父と叔父が葬儀の相談をしてるけど、祖父の知り合いや親族はあまりいないので、病院からそのまま火葬場に行くような、いわゆる直葬?にしようかどうしようか迷ってるらしい。
後輩はさすがに、直葬は寂しいから、小規模でも葬儀をしたほうがいいと思ってるらしいけど、なにしろ、そんな経験もないし、葬儀のいろいろなことを決めるのも面倒だし、なにかいい方法ないですか?という質問の電話だった。
たまたま、ちょっと前に叔母が亡くなって、その家族葬に参列した話を後輩にしたばかりだったので、それを思い出して電話をくれたらしい。
その家族葬を執り行ったのは、自分ではなかったので、いいアドバイスはできなかったけれど、インターネットで家族葬ができる葬儀社を調べてみたら?と言って、電話を切った。
その翌週、後輩から、「先輩のアドバイスにしたがって、ネットで検索して、それっぽい葬儀社を見つけたんですよ。そして連絡したところ、たまたま大当たりだったのか、懇切丁寧で、費用も予定の範囲内で家族葬ができたんですよ。父と叔父からほめられました。先輩ありがとうございました」とお礼をされたけど、結局、自分も後輩も大したことしてないんだよね。
ただサイトでオールインワンの葬儀社を後輩がみつけただけなんだけど。。。

おすすめ記事ピックアップ!

  • img02

  • img01